キャットフードの一般食と総合栄養食の違い

一般食

一般食と聞くとそれぞれの栄養が配合されたバランスの良いフードを考えてしまいます。ですが、それは間違いで一般食は人間でいう所のおかずにあたります。なので一般食のみを上げ続けてしまうと栄養が偏ってしまうでしょう。一般食を与えるときは、たりない栄養を補う必要があります。

総合栄養食

総合栄養食は名前の通り、猫に必要な栄養が全部取れてしまうフードです。一般食のように栄養が偏る心配がないので猫に起きやすい下痢を防ぐことが出来、総合栄養食と水を与えていれば栄養バランスは整います。協会が定めた基準を超えたフードだけが総合栄養食の表示を許可されます。

総合栄養食の方が安心

一般食は他にもフードを用意しないといけませんが、総合栄養食はひとつで猫の健康を保てるので楽です。ですが総合栄養食を与えていても、フードのあげ過ぎなどによる肥満は起こってしまいます。ペットの肥満は年々増加傾向にあります。なのでここからはペットが肥満になってしまった時の対処法など必要な情報を紹介していきます。

新着情報

[PR]

キャットフードで下痢の原因を確認
穀物をとりすぎてしまうと消化不良になる!

千葉の動物病院の情報をcheck!
19時まで診療可能☆

ペット供養業者を探すなら仲介サイトを利用しよう
利用者の声を沢山掲載

大阪にあるペット火葬業者へ
永代供養もしてくれる!

ペットのことを考えた行動

動物

ペットの肥満を予防するために

ペットが肥満になってしまうと、高血圧や糖尿病、心臓病などの病気にかかってしまう可能性が高くなります。肥満のペットは正常な体型のペットに比べ平均寿命が短くなるというデータもあります。ペットの肥満は見た目だけでは気付かないことも多いです。なので肥満を防ぐためには適切なフードかどうかを考えることはもちろん、こまめにペットの体重を計測し記録していきましょう。

心配な時は動物病院で診てもらおう

体重が増えていて心配な時は、専門家である獣医に診てもらいましょう。肥満は進行し過ぎると治すのに苦労します。動物病院は各地域にありますが千葉や大阪にもあります。肥満気味と思ったらすぐに行動することで、ペットに負担を最小限にすませることができます。獣医にBCS(肥満度)や理想の体重などを聞くこともできるので知らない方は参考にするといいでしょう。

ペット火葬やペット供養についても考える

大切なペットでもいつか必ずお別れはやってきます。最近はペットを家族同様に大事にしている方が多いので、ペットが亡くなった時にペット火葬やペット供養の利用者やサービスは多くなっているのです。そのため、亡くなったときに慌てて考えるのでなく、今からでもいいので早めに考えておきましょう。火葬後には遺骨を持ち帰り自宅で保管する方がほとんどで、合わせて仏具セットを購入している方もたくさんいます。供養の仕方も様々なので、街のペット葬儀業者に相談しておくといいですよ。

[PR]

広告募集中